最近の学校の上履き

古い学校の靴箱の問題点

学校の靴箱は大型化してきている

古い学校の靴箱は、そのサイズが小さすぎて、現在の靴が入り切らないという現象がおこるようになってきています。日本人の体格の変化もありますが、昔ながらのバレエシューズタイプの上履きを採用しない学校が増え、スニーカータープの上履きが銃に選べるようになってきていることも影響しています。また外靴も多様化してきており、幅が広かったり丈が長かったりと靴箱の基準に合わないものが多くなってきています。そのために改修工事で、より大きなものが入るサイズのタイプに設置し直すという対応を行っているケースが増えてきています。

靴の種類が指定されてきている

学校の建物内では、一般的には上履き(上靴)に履き替えなければなりません。大学などは土足のまま建物の中に入れるケースも多いですが、高校以下は基本的には履き替えが原則です。廊下や教室の床が汚れないように、底の部分の材質は黒い色のゴムの使用されているものは不可とされている例も多く、購入時には注意するようにしましょう。上履きとしては通常のスニーカーでも可としている学校もありますが、指定のバレエシューズやズック靴など以外は校則違反とされる場合もあります。必ず学校で指定されたタイプのものを履くことを守りましょう。

↑PAGE TOP