学校で活用される靴

学校で履いている上履き

学校で指定されている上履

学校で履く上履き(上靴)は、児童生徒の所属学年をわかりやすくするために、色が指定されている場合もあります。特にバレエシューズタイプのズック靴は、前ゴムの部分にさまざまなカラーがつけられており、「1年生は赤、2年生は青」などと決められています。これは学校によって異なりますので、入学前や転校前に予め確認しておくことが重要です。また、特に色の指定がない場合や、全く自由な物を履いて良いとしている場合もあります。上履きに関しては地域性や校種によっても違いが大きいために、入学や転校の際には教務主任の先生や教頭先生などに聞くと良いでしょう。

学生使用の靴はブームを生む?

当たり前ですが、外出する際には靴を履きますね。もちろん大人も子供も問わず、何かしらのシューズを履いて外出します。殊更学校生活で使用するものは、登校に使用するものと運動するためのものに分かれます。その中で登校時に履いているものは、日常に履いているものとほぼ変わらないと言えます。ただ最近は小さい子供たちもデザインに惹かれ、とてもかっこいいシューズを履いています。しかも機能的で、子供が運動しやすいように設計されています。すなわち昨今の学校で見かける靴に対して、生徒または保護者は非常に要求が高いと想像されます。ただ逆に言うとその中でブランドとなるような商品は、購買者の大半を獲得する非常に寡占的な市場とも言えます。

新着情報

↑PAGE TOP